日本脳炎ワクチンについて
平成17年に、日本脳炎ワクチンは重大な副反応の恐れがあるということで、
国が「接種の積極的勧奨の差し控え」としたため、当院でも接種を見合わせておりましたが、
ワクチンが改良されたこともあり、新ワクチンでの接種が再開されています。

また、接種対象年齢も大幅に見直されました。
接種機会を逃してしまっていた、平成7年4月2日〜平成19年4月1日生まれの人は、20歳になるまでの間、無料で接種ができるようになりました。

日本脳炎はかかってしまうと特効薬もなくこわい病気です。
接種して病気を予防しましょう。

接種が完了していない方は、お手持ちの予診票を使って残り分が注射できます。
母子手帳を確認し、不足分の接種を受けましょう。
(予診票に記載されている接種対象年齢より超えていても、その予診票が使えます)


接種の差し控えにより、このスケジュールから大幅にずれていると思われます。
1回だけ接種してストップしてしまった、1回も接種していない・・・など様々なケースがあります。
これまでの接種回数・時期は個人個人で異なるため、ひとりひとりに合わせたこれからの接種スケジュールを考えなければなりません。

当院では、まず再開1回目の接種日はネット予約で保護者の方におとりいただき、接種にいらした日に、次々回以降の接種プランをお話ししたいと思います。



※平成19年4月2日生まれ以降の方は、下記の標準的接種スケジュールになります。

【1期初回】 3歳〜;1〜4週間以内に2回接種 (2週間は空けるのがおすすめ)
【1期追加】 初回終了後、1年後に接種 
【 2期 】 9歳〜13歳

      1期の予診票が使えるのは7歳半までです。
      7歳半を過ぎると有料になりますのでご注意ください。


【2期の接種年齢について】

2期の接種は法律上は9歳からとなっています。しかしこれは標準的な年齢で接種した場合です。
1期の接種が標準年齢以上となってしまった場合は、1期追加接種から5年以上あけて2期の接種を行うことをお勧めします。



          (注)
中学生以上の方は電話での予約も承っております。

当ホームページで掲載の写真、イラスト等を無断で掲載することを禁じます。
(C)2011 Morioka Pediatric Clinic All Rights Reserved