ロタワクチン(ロタリックス)
感染性胃腸炎の原因ウイルスの1つであるロタウイルスを予防するワクチンです。
(ノロウイルスなど他の胃腸炎ウイルスの予防は兼ねませんので、絶対に胃腸炎にかからないというわけではありません)

【接種方法】

4週間以上あけて2回、口から投与します。(飲むワクチン)
※ワクチンは2種類あり、2回飲むもの(ロタリックス)と3回飲むもの(ロタテック)とありますが、当院では2回のロタリックスを採用しています。

【接種年齢】

生後2ヶ月から5ヶ月半未満。
1回目は生後2ヶ月3ヶ月半までに、2回目は1回目から4週以上あけて生後5ヶ月半までに接種します。

【料金】

1回 15,000円  (松戸市の方は補助が出ます)

【副反応】

接種後1週間以内に、吐く・血便・機嫌が異常に悪いということがあったら、腸重積症という病気が疑われます。その場合はすぐに病院を受診してください。

※注意
このワクチンは接種可能年齢が生後2ヶ月〜5ヶ月半と接種可能期間が短いので、2ヶ月時と3ヶ月時に肺炎球菌・ヒブと組ませて3種同時接種とすることをお勧めしています。

また、この年齢を超えての接種、ロタテックでの接種は、ご希望があっても、できません。

当ホームページで掲載の写真、イラスト等を無断で掲載することを禁じます。
(C)2016 Morioka Pediatric Clinic All Rights Reserved